個人投資家も機関投資家も、どちらもきちんと市場に参加できることで、公正な市場が成り立っていると言えるのでしょう。

個人と機関投資家について
PAGE LIST
個人と機関投資家について

個人と機関投資家について

現在、FXのレバレッジ規制は、個人投資家に限られています。
これは、すでに述べたことですが、規制があることで、それだけ魅力をなくしてしまった人もいるのかもしれません。
しかし、ある意味、個人投資家を保護することでもあるのかもしれません。
また、FXは、もともと機関投資家のものでした。
日本版金融ビッグバンが行われる前までは、FXのみならず、外貨預金においても、機関投資家が中心となって行っていたものであり、バブル期であっても、そのようであったようです。
機関投資家とは、企業のことを意味し、大きなお金が動くため、時に市場に大きな影響を与えます。
代表的なところでは、保険会社であり、FXを行っているところも、多々あるようです。
また、保険会社は、株式保有でも広く知られ、保険会社の意向で、当該企業の経営方針が変わる場合もあるようです。
投資家であれば、保険会社の動向をチェックしているところがあります。
言ってしまえば、市場そのものに影響を与えやすいのは、機関投資家の方では、ということです。
現在、下火になった感じのある国際金融制度の見直しですが、現実的には、法人の規制がまず先に行われる可能性があります。
そうなれば、FXにも、大きな影響を及ぼすことになるかもしれません。
そうなれば、日本でも、機関投資家に対する規制が実施されるかわかりませんが、何らかの影響があることも確かでしょう。
しかし、FXの世界では、ミスワタナベに代表されるように、時に個人投資家も、市場を動かす要因となるようです。
むしろ、機関投資家も個人投資家も、お互いがきちんと参加し、公正な取引が継続できることが、健全な市場かもしれません。
そのためには、改善すべき点は、しっかり行っていくことが、今後も必要なのでしょう。
ちなみに、ミスワタナベとは、海外からの呼称になります。
日本の主婦層を指してのことのようです。